食品のカロリーとダイエット

ものすごく燃費のいい 「人間の基礎代謝」

このサイトでは、食品のカロリーとダイエットの関係を中心に、食べたい、痩せたい、肥満体について、まとめていきたいと思います。

 

中学生の時理科で習った「1ジュールは0.24カロリー」覚えていますか?仕事量の単位です。
加速度でもいいです。1秒間に1ジュールの仕事をしたら1ワットです。

 

ごめんなさいね、ジュールだとかワットは関係ありませんね。だから、逆にして、「1カロリーは約4.2ジュール」で行きましょう。1秒間に1カロリーの仕事をしたら4.2ワット。このあと、ちょっとくどいですが、我慢してくださいね。

 

1時間に1キロカロリーの仕事をしたら、15120000ワット。家庭用エアコインがフルパワーで1000ワット程です。単位を大きなものに変えますと、1万5千120キロワットと1キロワット!

 

太ってしまった女性

「仕事をしたら」と申し上げました。「仕事をしなかったら」も同様です。
つまり、カロリーを摂取して、使用しなかったらこれだけのエネルギーを貯めたという事です。

 

怖くなりましたか?もし恐ろしく感じられたら、それは私の話し方が成功しているのです。ビビって欲しかったのです。でも、これは数字のマジックで、「時間」を掛け算したのでこうなってしまっただけで、1時間=3600秒をかけるからこのような途方もない数字になったのです。

 

arrow 成人日本女性の1日の平均的基礎代謝は1200キロカロリーと言われています。基礎代謝とは、自覚神経で動くことを一切しない代謝量です。要するに一日中寝ている状態です。逆に言えば、最低1200キロカロリーを代謝しない生命を継続できないということです。
ここで、もし、体に蓄えがあれば、その分を活動に使えますし、カロリーを補給しなくても生きていることができます。何日分とか、ジョギング何キロメートル分とか。
このことをそのように設定するか否かだけが、肥満になるか否かの要素です。他にありません。バナナダイエットもマンナンダイエットも、どんなにダイエットであっても、このたった一つの要素のみが決定するのです。他にありません。

 

また、戻ります。24時間=86400秒。女性ひとりがこの時間生きることができるカロリーがたった1200キロカロリーなんです。つまり、物凄く燃費がいいのです。
生命は燃費がいい。少ない食事で生きることができるのです。生命が生きるのに都合のいいことなのですが、人間にとって、これが実に厄介なのです。摂りすぎると確実に太ります。

 

先ほどの女性が1時間、時速8kmでジョギングするのに必要なエネルギーは260キロカロリーです。(那覇マラソンは時速7km以上で走らないと完走できないルールになっています。)

そもそも食品のカロリーって何?

平均的日本人女性が時速8kmで1時間ジョギングすると消費されるエネルギーは260キロカロリーは分かりました。でも、そんなことをいちいち計算して生きている生き物はいませんよね。計算できる生き物は人間だけなので、ライオンやヌーは無意識に必要な分だけ食べているはずです。

 

実際、どのような活動がいくらのエネルギーに匹敵するかということを細かく見事に一覧表にしているウエブ・サイトを見かけますが、非現実的です。そこへ食物ごとのカロリー表を加えて生活するなんて、まずありえません。

 

ところで、今申し上げた「食物のカロリー」ってどうやって計算しているのかご存知ですか?
例えば、新聞紙を燃やした時のエネルギーを計算しようとしたら、その燃焼で得られる熱量を正確に測ればいいのです。水1ccの水温を1℃上げることのできるエネルギーが1カロリーでした。
でも、新聞紙を食べることはできません。食べたとしても、人間は、セルロースを消化吸収できないので、0カロリーです。ワカメもコンニャクも。普通のワカメは燃やしにくいでしょうが、乾燥ワカメなら燃やせます。水温を上げることができます。豚ロース100gが何カロリー、日本酒1合何カロリーとか。

 

実は、正確に示すことは不可能なんです。大雑把でも難しいです。ところが文部科学省が発行している「五訂増補日本食品標準成分表」は途方もなく細かいのです。
権威ある国家機関が発行しているので、その数字に権威が含まれています。およそ、その様な機関が発表するデータは「科学データ」であって、いい加減ではならないのです。
「五訂」となっていて、10年ぶりの改訂だそうです。買い求めることもできますが、物凄いデータ数ですから、インターネットを利用する方が便利です。「五訂増補日本食品標準成分表」で検索すると、この本がそのまま出てきて大変ですから、同省が提供する「食品成分データベース(http://foodbd.mext.go.jp/history.pl)」をお勧めします。
国のやることですから徹底ぶりが半端ではありません。「こめ」と平仮名で検索することになっていますが、試すと多分、驚きます。資料が膨大すぎて使えんのです。

 

で、民間のを見てみますと、主婦目線ですから、非常に大雑把、かつ、日常生活に最適化されています。しかし、インターネット情報をどこまで信用できるのかとなると問題ですね。たとえば、本当に食事を管理せねばならない者にとっては危険かもしれません。使いにくいですが「権威」を使用すべきです。